保育士として採用されるために今できること

保育士になるには

保育園

保育士を目指す

保育士として採用されるためには、国家資格である保育士資格が必要とされています。この保育士資格を取得するには、大学、短大、専門学校などのいずれかで、保育士養成課程で所定の課程を修めるか、年に二回実施されている保育士試験に合格するかの二択になります。

どちらを選ぶか考える

保育士資格に合格する実力があるのなら、わざわざ保育士養成課程を修了するべく学校に通うことはありません。しかし、そうではない場合には保育士養成課程を修めることができる学校で一年間、保育士のノウハウをしっかりと学ぶといいでしょう。保育士の知識と実技の両方を習得してこそ、初めて一人前の保育士になれるのです。

保育士に向いている人

挨拶がきちんとできる人

保育士は園児の面倒を見ることがメインな仕事になりますが、保護者との付き合い方も非常に重要になってきます。例えば、保護者がお子さんを迎えにきたとして、挨拶がきちんとできていない人ならお子さんを預けたくないはずです。そのため、「おはようございます」、「こんにちは」、「ありがとうございました」などの基本的な挨拶がきちんとできる人が求められています。

言葉遣いや口調の使い分けが上手い人

言葉遣いや口調は社会人なら基本的なマナーとして、身につけているはずです。しかし、保育士の場合は少し特殊で、保護者とゲストである園児達との言葉遣いや口調を瞬時に切り替えなければいけません。もちろん、キレイな言葉を使うことが一番なのですが、各園児、保護者によって適切な言葉遣いができる人が保育士に向いています。

子供の心に寄り添うことができる人

子供の心に寄り添うことができるかも保育士のスキルにかかってきます。子供は精神がまだまだ未完成で大人よりも遥かにデリケートに扱わなければいけません。また、子供との信頼関係を築くことが保護者との信頼関係を築くことに繋がります。そのため、保育士には、子供の心に寄り添うことができる人が望ましいです。

子供にマナーを教えられる人

保育士は子供たちに基本的な生活習慣についても教えていかなければならないです。また、子供というものは大人の悪い部分ばかり、吸収して悪い癖を覚える傾向にあります。そのため、子供の手本となるような保育士や子供にしっかりとマナーを教えられるような人が保育士では重宝されているのです。

広告募集中